1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 大須賀悠子先生 のSTYLE

大須賀悠子先生 のSTYLE

1: 薬剤師を目指した理由

薬学部に興味を持ったきっかけは、生物や科学が好きだったから。将来どんな道に進むとしても、いのちに関わるくすりの勉強をすることは役に立つと思ったので。

2: 大学時代は将来どういう仕事をしようとしていたか?

海外に出ることをずっと考えていたので、WHOや国境なき医師団に興味があった。
 
3: 仕事をする上でのポリシー。大切にしていること。

与えてもらったチャンスを感謝して受け取ること。どんなに小さい仕事でも真摯に取り組むこと。目的を見失わないこと。

4: 自分のキャリアの中で一番影響を受けている上司、先輩。例えば、一番最初の先輩。

現在の職場の院長。遠矢純一郎先生。
新しいものを取り入れることを躊躇せず常によりよい場を作っていくイノベーティビティ、多様性を受け入れる寛容さ、ユーモアを忘れない姿勢、なにより人間味あふれる診療スタイル。

5:将来何をしたいか? 今の仕事を全うするでも良いですし、何か新しい事を考えていればどんなことか?

今までの経験とつながりで、医療の領域を超えた地域や街づくりに関わることを考えています。

6:20代の薬剤師に向けて、メッセージをください。薬局、病院薬剤師に対して。

キャリアの初めの数年に身につけた力はすべての基礎になるので、大変な思いをしてでもたくさん挑戦してミスもして経験してください。このまま時間がどんどん流れていって大丈夫かなと不安になる時も、目の前のことに真摯に取り組むことを忘れなければ必ず必要な道は開かれるはずです。

7:薬剤師が薬のこと以外で学ぶと良いこと。

学んで損になること一つもないと思うので全部。デザイン、公衆衛生、外国語、ケアマネやmswの知識、ビジネスやお金の仕組み、、、
薬のこと以外で一つ、趣味の範囲でもいいのでこのことなら語れる!というものを持っておくとコミュニケーションのきっかけに役立ちますよ。

8:座右の銘

すべての事について、感謝しなさい。聖書
 
9:尊敬している人、好きな人。

周りにいる方みんな尊敬しています。

10:薬剤師で、あの人すごいなとか、尊敬している、恩人がいれば、お教えください。

長久保久仁子先生 ミキ薬局
圧倒的な現場力と常に学び続ける姿勢にいつも刺激を受けています。すべての答えが患者さんにあるという価値観に共感します。尊敬しております。


【略歴】

東邦大学大学院薬学研究科修了
総合病院の薬剤室にて5年間勤務ののち保険薬局に勤務。
株式会社メディヴァにおいて米国のスペシャルティーファーマシーの日本進出プロジェクトに関わる。プロジェクトの一環として医療法人社団プラタナス桜新町アーバンクリニック在宅医療部に出向。
在宅療養支援診療所における薬剤師業務の開拓と実践に携わり、現在は同院の院内薬剤師として専任勤務。