1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 薬剤師転職して夢の年収1000万を現実にする方法

薬剤師転職して夢の年収1000万を現実にする方法

人生において年収1,000万円は大きな夢ですが、薬剤師も実現することができるのでしょうか。
少子高齢化の真っ只中にある日本は、薬剤師をはじめ多くの医療従事者が人手不足になっています。
薬剤師の求人数は通年を通して多く募集されており、高収入の仕事探しには苦労しません。
しかし、求人サイトをみると、さすがに年収1,000万円の条件はなかなか見つからないのが現状です。
そこで今回は、薬剤師が年収1,000万円を実現するための方法を伝授します。

年収1,000万円の薬剤師求人はほとんどない


国内にある全ての薬剤師求人に目を通しても、年収1,000万円の条件を出している職場はほとんど見つかりません。
ごく稀に中小規模の個人薬局が年収1,000万円に近い条件で短期間の募集をしているケースがあります。
正社員の薬剤師で最も高収入のレベルは年収700万円〜850万円程度です。
薬剤師の平均年収は545万円ですから、年収1,000万円は薬剤師二人分に相当するわけです。
一般薬剤師から管理薬剤師に昇格しても平均年収767万円となり、年収1,000万円には届きません。
薬剤師の求人で年収1,000円を見つけるのはかなりハードルが高いといえるでしょう。
製薬会社や一般企業の営業(MR)の場合は、1,000万円以上を超えている人も多くみられます。
薬剤師が病院・調剤薬局・ドラッグストアに転職しても、年収1,000万円を得ることは難しいのが現状です。

薬剤師が年収1,000万円を現実にするには?


薬剤師の仕事は他の職種と比べると初任給が高いですが、伸長率が低く、伸び悩む傾向にあります。
年功序列の賃金構造も多く、売上に貢献しても給与に反映されないことも多いです。
子育て中の薬剤師や男性薬剤師は、年収1,000万円を本気で目指したい方は多いと思います。
最も確実な方法は、年収700万円〜850万円の高年収の職場へ転職して、残業・休日出勤・Wワークをすることです。
年収の他に150万円〜300万円を稼ぐことができれば、年収1,000万円に届きます。
例えば、年間300万円を稼ぐには、残業・休日出勤・副業などのダブルワークで毎月25万円働きます。
では早速、薬剤師が年収1,000万円を獲得する道のりを見ていきましょう。

地方・過疎地域・離島の個人薬局へ転職する


薬剤師の人手不足が深刻化している地方や過疎地域、離島の個人薬局は都市部よりも高年収を設定して募集しています。
手っ取り早く年収アップを目指すならば、都市部よりも地方・過疎地域をターゲットにしましょう。
また、大手の薬局チェーンよりも、個人経営している小規模の薬局の方が高収入になります。
例えば、1店舗〜2店舗を家族経営している薬局では一般薬剤師でも高年収になる可能性は高いです。

▼大手薬局チェーンの平均年収(平均年齢35歳)

●日本調剤株式会社 560万円
●株式会社アインホールディングス 615万円
●日本メディカル株式会社 450万円
●クオール株式会社    470万円

▼大手ドラッグストアの平均年収(平均年齢45歳)

●ウエルシア薬局株式会社 550万円
●株式会社マツモトキヨシ 580万円
●株式会社ツルハホールディングス 560万円
●株式会社カワチ薬品 530万円
●株式会社スギ薬局 525万円

大手の調剤薬局とドラッグストアは給与体系や昇格のルールが明確に決められています。
そのため、薬剤師が大手の企業に転職しても平均年収1,000万円超えは難しいといえます。
しかし、地方・過疎地域の個人薬局の場合は、一般薬剤師を年収800万円近くで募集しているケースが多くみられます。
独身の薬剤師の方で、場所にこだわらず高収入を目的に転職するならば、地方の求人をチェックしてみてください。
同じ薬剤師求人でも、場所・地域が変わると年収に大きな差があることがわかると思います。
都市部よりも地方の方が年収の良く、住宅手当や引越し手当てが付く好条件も見つかります。

製薬会社のMR職に転職する


30代前半までの薬剤師には、製薬会社のMR職に就くと年収アップに繋がります。
製薬会社のMR(医薬品情報担当)は病院の医師・看護師・薬剤師などの医療従事者を相手に自社が製造した薬に関する情報を提供するお仕事です。
製薬会社のMRはほとんどが成果報酬のため、営業成績が良い社員は30代でも年収1,000万円を超えます。

▼大手製薬会社の平均年収(平均年齢40歳)

●アステラス製薬 1,060万円
●大塚ホールディングス 1,070万円
●武田薬品工業 1,015万円
●エーザイ 1,040万円
●第一三共 1,100万円

MRは薬剤師の資格は必要なく、薬剤師の資格がない他業種からも多くの人が集まる人気の職種です。
MRは高収入のため人気が高く、競争率が高いので一般薬剤師からMRを目指す人も増えています。
ただし、調剤業務や服薬指導といった薬剤師らしい仕事ではなく、毎日数字と向き合うことになります。
調剤薬局や病院のように、薬剤師の資格を直接活かすことはできず、向き・不向きがあるといえます。
調剤薬局やドラッグストアにて企画、マネジマントの経験がある方は、検討する価値があるでしょう。

管理職ポジションに就く


一般薬剤師から管理薬剤師、薬局長、エリア統括マネージャー候補といったハイポジションに就くことで年収は高くなります。
今の職場でも管理職ポジションが空けば昇格したり転職して一気に年収を上げる方法もあります。
注意したいのは一般の求人サイトには管理職の求人は掲載されていません。
薬剤師転職をして、管理薬剤師・薬局長のポジションに就くには、医療業界に特化した転職エージェントを活用しましょう。
転職エージェントは管理職の薬剤師求人を独占的に保有しているので紹介してもらえるのがメリット。
一般薬剤師として3年以上の経験があれば、転職して数十万円から数百万円の年収アップも夢ではありません。
専任キャリアコンサルタントに要望を伝えて、採用担当者と年収交渉をしてくれるので積極的に活用しましょう。

残業・休日出勤をする


高収入の条件の職場へ転職して、土曜・日曜・祝日に休日出勤や積極的に残業をすると年収が上がります。
シフトに柔軟に対応してくれる薬剤師は職場でも重宝されて昇格しやすいメリットもあります。
病院勤務の薬剤師も月収は低くても、残業代で年収を高くしているケースが多いです。
残業や休日出勤は無理なく入れるようにして、年収アップに繋げましょう。

一般薬剤師はダブルワーク・副業をする


法律的に管理薬剤師は副業が禁止されていますが、一般薬剤師は副業することができます。
土日に派遣薬剤師として働いたり、夜の時間に時給の高いドラッグストアでパート・アルバイトとして働くことができます。
派遣薬剤師やパート・アルバイトの薬剤師は平均時給が2,500円〜3,000円と高く、緊急の案件は5,000円も見つかるので見逃せません。
正社員のダブルワークは職場の就業規則を確かめてから始めるようにしましょう。

まとめ


薬剤師がすぐに年収1,000万円を狙うのは容易ではありませんが、工夫次第で実現は可能です。
現職のまま年収を上げるならば、昇格や残業・休日出勤を増やして着実に年収を上げることができます。
経験とスキルがある薬剤師は転職すれば、管理職のポジションに就いて、年収アップするでしょう。
また、副業やダブルワークも視野に入れながら、年収1,000万円の夢を実現させましょう。