1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 個人薬局と大手薬局チェーンに薬剤師転職する違いは?メリット・デメリット

個人薬局と大手薬局チェーンに薬剤師転職する違いは?メリット・デメリット

調剤薬局には大きく分けて、個人で経営している小規模の薬局と大手薬局チェーンがあります。
これから調剤薬局に転職する場合、それぞれの特徴やメリット・デメリットが異なるので要チェック。
同じ調剤薬局でも職場環境やキャリアパスも違いますので、よく比較して転職先を決定しましょう。
この記事では、薬剤師転職する方に向けて、個人薬局・小規模の薬局と大手薬局チェーンの違いを解説します。

小規模の調剤薬局と大手薬局チェーンを比較


調剤薬局には小規模の調剤薬局と会社規模が大きい大手チェーン薬局があり、それぞれ性質が異なります。
双方にメリット・デメリットがあるので、どちらが働きやすいか自分で判断する必要があります。
職場によって、年収や働き方が大きく変わりますので、早速詳しく見ていきましょう。

大手薬局チェーンの特徴


大手チェーン調剤薬局は薬剤師の人材を常に多く確保しています。
新卒の一括採用の他にも、中途採用でも通年募集している大手の薬局は多いです。
近年は全国的に薬剤師の人手不足が続いており、今後も大量に人材を求めるでしょう。
大手調剤薬局は大学病院や大きな病院の門前薬局として経営者しているケースが多くみられます。
門前薬局では、取り扱う薬の数が多く、調剤業務や服薬指導などの経験を積むことができます。
また、大手調剤薬局は資金面に余裕があり、新しい設備を導入し、業務の効率化に優れているのも特徴です。
本社での人事や運営管理が体制化されているので、昇給のステップもシンプルで分かりやすいです。
薬剤師として幅広い知識を身につけながら、本社勤務したい方は大手の調剤薬局がおすすめ。
大手の調剤薬局は人事や昇給ルールが明確なので公平性もあり、モチベーションも高まります。
注意したいのは、複数の店舗を持つチェーン薬局は全て全国展開をする大手だけではありません。
県内に集中的に店舗を構える中規模のチェーン薬局もあり、地元密着型の門前薬局に多く見られます。
近年は、大手の調剤薬局は高齢化社会に対応する在宅専門の薬局を展開する会社も増えています。
また、セルフメディケーション推進に伴い、一般の調剤薬局でもドラッグストアのようにOTC医薬品を取り扱うケースが増えています。
大手の調剤薬局は上場企業も多く、常に時代を見据えた経営をしているのも特徴です。

大手薬局チェーンに転職するメリット


ここからは、大手薬局チェーンに転職するメリットを見ていきましょう。
大手の調剤薬局は、研修や勉強会などキャリアアップのための研修やセミナーも充実しています。

▼役職の段階
一般薬剤師 → 管理薬剤師 → エリアマネージャー → 支部長

個人薬局よりも教育環境に恵まれており、薬剤師としてキャリアに繋がるのがメリット。
調剤の基本的な研修のほか、新しい薬の業界事情においても、研修システムが整っています。
個人薬局よりも教育体制が整っているので、初めて薬局で働く薬剤師も安心です。
資格取得をサポートする制度もあり、スキルアップ、年収アップも目指しやすいでしょう。
大手チェーン薬局は個人薬局よりも管理薬剤師の枠が多くあるので、昇格のチャンスは高いです。
また、大手の調剤薬局は日曜・祝日休みとなり、休みを取りやすい職場が多いです。
会社によっては、家賃補助制度、出産・育児サポート制度、財形貯蓄制度などを用意している職場もあります。
大手チェーン薬局は利益を追求し、効率化を求める傾向にあります。
大手薬局チェーンに転職すると、調剤業務・服薬指導、薬歴管理といった薬剤師らしい仕事に専念できるでしょう。

大手薬局チェーンに転職するデメリット


大手薬局チェーンに転職すると、店舗間での異動・転勤がある可能性があります。
全国展開している薬局チェーンは急に人材の穴埋めのために転勤を命じることもあるので要注意。
正社員の場合は断ることができず、単身赴任になるケースも少なくありません。
お子様がいるご家庭や結婚する予定がある方は異動や転勤があるリスクを考えておきましょう。
また、大手薬局チェーンの場合は、調剤業務の他にも、本社へ提出する書類の作成業務があります。
調剤以外にやることが多いので、薬歴管理も素早く丁寧に仕上げなければなりません。
職場によっては患者様の数が多く、薬剤師一人あたりの業務負担が多いケースもあるので要注意。

個人薬局・小規模の調剤薬局の特徴


ここからは、個人薬局・小規模薬局の特徴を詳しく見ていきましょう。
個人薬局の特徴は、オーナー薬剤師が地元密着型の小さな薬局を1~2店舗運営しています。
古くから街の薬局として地元住民に認知されている薬局が多く、少人数体制です。 
調剤室はアットホームな雰囲気でオーナー薬剤師も調剤に携わることもあります。
大手の薬局チェーンよりも薬剤師同士の距離が近く入れ替わりも激しくありません。
近年は、薬剤師の人手不足により、地方の個人薬局は人材の確保に苦労しています。
過疎地域や山奥の個人薬局では年収を高く設定して募集しているケースもみられます。
ただし、高年収の個人薬局へ転職しても薬剤師一人あたりの業務負担が大きい職場もあるので注意してください。
また、個人薬局は大手の薬局チェーンのように福利厚生や教育制度は整っていません。
個人薬局は取り扱いの疾患、薬も少ないので、キャリア思考の方よりもマイペースで働きたい方に向いています。
個人薬局は大手薬局チェーンのように昇給ルールが明確ではないため、昇給率は低いです。

個人薬局・小規模の調剤薬局に転職するメリット


地域に根差して経営している個人薬局は患者様とスタッフとのコミュニケーションが活発です。
古くから顔なじみの患者様と信頼関係が築いて、感謝されることが多いです。
地域貢献しているやりがいも感じられ、アットホームで働きやすい環境で働くことができます。
また、個人薬局は大手薬局チェーンのように異動や転勤のリスクがないのも嬉しいポイント。
小さなお子様を子育て中の方も引越しするリスクを避けられるので安心して勤めることができます。
個人薬局は人材確保に苦労するため、年収を高めに設定しているケースが多いです。
比較的定着率がよく、人材の入れ替わりが少ないので人間関係のストレスが少ないのもメリットです。
大手薬局チェーンの場合は、本部に提出する書類整理作業に追われますが、個人薬局は残業が少ないです。
個人薬局は経営者と近い距離で仕事ができるので意思疎通しやすいのもメリット。
自分の意見や要望、労働環境の改善も柔軟に聞いてもらえるでしょう。
大手薬局チェーンは本社と現場の意思疎通は簡単ではなく、個人薬局の方が融通がききやすいです。

個人薬局・小規模の調剤薬局に転職するデメリット


個人薬局は少人数制のため、薬剤師一人あたりの業務負担と責任が重くなります。
大手薬局チェーンに比べると自己判断しなければならない機会も多いです。
人間関係が良ければストレスが少ないですが、陰湿な職場の場合は狭い空間の中で苦労します。
また、個人薬局は最新設備の導入が難しく、古い設備で作業することもあり、効率的ではありません。
小規模薬局では教育システムも遅れている傾向にあるのでキャリア思考の方は注意しましょう。
のんびり働きたい方には良いですが、新薬の勉強やスキルアップには物足りないかもしれません。
また、近年は個人薬局が大手にM&Aで吸収されたり、オーナーの高齢化により店舗を売却するケースも見られます。
その場合、業務内容や給与体系が変わり、利益重視の雰囲気になるため、働きやすさも変わります。

まとめ


調剤薬局へ転職する方は、大手薬局チェーンにするか、個人薬局にするかよく検討することが大切です。
両者の特徴とメリット・デメリットを踏まえた上で自分が働きやすい調剤薬局へ転職しましょう。