1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 公務員薬剤師に転職するには?知っておきたいノウハウ

公務員薬剤師に転職するには?知っておきたいノウハウ

薬剤師の職場は病院・調剤薬局・ドラッグストアが一般的ですが、公務員薬剤師になる道もあります。
薬剤師が転職して公務員薬剤師を目指すには、どんな方法があるでしょうか?
この記事では、公務員薬剤師に転職する方法、仕事内容や平均年収をご紹介しましょう。

公務員薬剤師とは?


「公務員薬剤師」とは、国(厚生労働省)または地方自治体(都道府県・市区町村)に所属して働く薬剤師のことをいいます。
都道府県・市町村に所属して公務員薬剤師として働くには、どんな働き方があるのでしょうか。
公務員薬剤師の働き方は、大きく分けて3種類ありますので、詳しく見ていきましょう。

▼公務員薬剤師の働き方

①国家公務員薬剤師 
②地方公務員薬剤師
③麻薬取締官

公務員薬剤師になるには?


まず知っておきたいことは、薬剤師が公務員薬剤師になることは、全く異なる路線です。
調剤薬局やドラッグストアに転職する場合と異なり公務員になるには試験に突破する必要があります。
公務員薬剤師として正規職員になるには一年に一度の筆記試験を受けて合格を目指します。

国家公務員薬剤師の仕事内容


国家公務員薬剤師は、厚生労働省など国の機関に所属して総合職として薬事行政に携わります。
複数の部署があり、医薬品・食料品の安全を守る部署、麻薬の取り締まりを行う部署、健康保険に関する部署、医薬品の開発に関する部署などがあります。
主な仕事内容は薬価の算定や診療報酬・調剤報酬の改定、医薬品メーカーなどに対する医薬品の製造管理です。
調剤業務や服薬指導といった薬剤師らしい仕事はなく、幅広い知識が求められます。
官庁・民間を問わず他省庁や専門家と仕事を進めていくのでコミニュケーション能力も大切です。

国家公務員薬剤師になるには?


厚生労働省の総合職に就くために「国家公務員試験」を受験して合格を目指します。

▼国家公務員試験

●国家公務員総合職試験の筆記試験 
●薬剤師として国家公務員になる
●難易度が非常に高い
●毎年5~7人程度のみ採用
●人事院面接、官庁訪問あり
●薬剤師以外も受験可能

▽1次試験(4月末)
●教養試験(選択式)
●専門試験(選択式、化学・生物・薬学分野)

▽2次試験(5月末から6月初旬)
●専門試験(記述式、化学・生物・薬学分野)
●政策論文試験(自分の意見を述べる試験)
●人物試験(面接)

筆記試験は理系知識だけではなく、政治の政策に対する意見など幅広く出題されます。
非常に難関な試験のため、公務員試験対策の専門学校に通うことも検討すると良いでしょう。
各種英語試験(TOEFL、TOEIC、IELTS、英検)があると15点~25点プラス加算されます。

地方公務員薬剤師の仕事内容


地方公務員薬剤師は都道府県や市区町村の病院や行政に配属される薬剤師です。
地方公務員薬剤師は病院勤務と行政勤務があり、都道府県や市町村の職員として働きます。
国家公務員試験に比べると合格率は高いですが、応募者数が多く、しっかりと対策が必要です。
市町村が運営している病院で病院薬剤師として調剤業務、病棟業務などを行います。
行政職務の場合は、役所や保健所、分析・検査センターに勤めて、事務処理、水質汚染の検査、医薬品や食品の検査を行います。

地方公務員薬剤師になるには?


地方公務員薬剤師になるには、地方自治体が実施する採用試験を受験して合格する必要があります。

▼地方公務員試験

都道府県および市区町村によって試験内容に違いがありますが、一般的に以下の試験が行われます。

●教養試験(選択式)

●一般知能分野
文章理解(現代文・古文・英文)、判断推理、数的推理、資料解釈

●一般知識分野
社会科学、政治、経済、社会、法律、人文科学、日本史、世界史、地理、思想、文学・芸術、自然科学
数学、物理、化学、生物、地学

●専門試験(選択式または記述式)
物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度など 

●論文試験
●面接試験
●適性試験など

一般薬剤師から公務員になる場合、地方公務員を目指すケースがほとんどです。
受験する自治体によって出題科目や出題数が変わるので都道府県のホームページを確認しましょう。
公務員試験は筆記試験対策が大変ですが、地方公務員は十分に合格するチャンスがあります。
過去問を繰り返し解くことで形式パターンをつかみ、試験になれるので、徹底的に取り組みましょう。

麻薬取締官の仕事内容


麻薬取締官とは厚生労働省・地方厚生局麻薬取締部で働く薬剤師のことです。
近年は芸能人の逮捕劇でも通称「マトリ」として名前が出てくることも多く注目されています。
業務内容は麻薬や薬物犯罪の捜査、情報収集、不正薬物の取り締まりが主な業務です。
薬剤師は鑑定として薬品の分析、毛髪分析や成分をプロファイルする分析など専門性が求められます。
麻薬流通の防止を目的とした薬物乱用防止の啓発活動や相談アドバイスにも対応します。
医療に関わる麻薬の流通を監視するために、定期的に病院や薬局、製薬企業に立ち入り検査も実施します。

麻薬取締官になるには?


麻薬取締官になるには、厚生労働省の地方厚生局麻薬取締部が実施する採用試験に合格する必要があります。
採用試験の応募資格は以下の①または②の条件に該当する人です。

①国家公務員試験の一般職採用試験(大卒程度試験)「行政」または「電気・電子・情報」の1次試験合格者。
②薬剤師の資格、または薬剤師国家試験の合格見込み者で、①の受験資格を満たす者

※29歳以下の年齢制限あり

公務員薬剤師の職場


ここからは、公務員薬剤師の職場の種類を見ていきましょう。

公立病院(市立・県立病院)


都道府県や市町村区など地方自治体が運営する公立病院は比較的規模が大きいです。
外来調剤や病棟業務において新しい医薬品や高度な医療に携わることができます。

環境関連部署・保健所


市区町村にある保健所に勤めて、新規開設許可や立ち入り検査などの業務を行います。
立ち入り調査はドラッグストアや調剤薬局・クリーニング店・大衆浴場・美容院・飲食店など幅広いです。
大気汚染対策や騒音対策、土壌汚染など環境対策が目的です。

市役所や地方厚生局


市役所や地方厚生局などに勤務して、薬事衛生や医薬安全に関する検査や指導を行います。
医薬品を扱う民間企業の立入検査、製造販売許可などを行うこともあります。

衛生研究所


衛生研究所とは、食品や医薬品などの安全確保、地域住民の健康に関わる食中毒や感染症の予防、地域の衛生について研究を行う施設です。
水、医薬品、食品などの検査を行い、細菌やウイルスチェック、健康被害を防止の対策を取ります。

公務員薬剤師の平均年収


公務員薬剤師は生涯年収は高いですが、初任給は民間企業よりも低くなっています。

▼平均年収(平均年齢40歳)
●596万円

▼平均月収
●20代 20万円〜23万円
●30代 24万円〜30万円
●40代 33万円〜34万円
●50代 37万円以上

※参照 総務省 地方公務員給与実態調査
公務員薬剤師は、基本給の他、地域手当、住居手当などの各種手当が支給されます。

公務員薬剤師になるメリット


国家公務員薬剤師・地方公務員薬剤師などの公務員薬剤師は安定して長く働けるのが最大のメリット。
厚生労働省や地方自治体に所属し、解雇や倒産のリスクはありません。
民間で働く薬剤師よりも福利厚生や退職金が手厚く定期昇給やボーナスの支給も安定しています。

公務員薬剤師になるデメリット


公務員薬剤師は臨床の現場から離れるため、調剤業務や服薬指導をする機会が少なくなります。
また、病院・保健所・役所などの様々な部署を一定周期で異動するので環境の変化は大きいです。
国家公務員法や地方公務員法によって副業が禁止されている職場が多いので注意しましょう。

まとめ


公務員薬剤師は難易度は高いですが、安定性と福利厚生や待遇面が充実した魅力的な仕事です。
気になる方は、薬剤師のキャリアに公務員薬剤師を検討してみてはいかがでしょうか。