1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 管理薬剤師に求められるスキル・経験は?キャリア転職のコツ

管理薬剤師に求められるスキル・経験は?キャリア転職のコツ

一般薬剤師から管理薬剤師に転職して、キャリアアップを図りたいとお考えですか?
管理薬剤師になると、現場でより責任感が求められる立場になり、今以上にやりがいを感じられます。
一般薬剤師よりも年収アップするので、生活にも余裕が生まれるのも大きなメリットです。
「今の職場では管理薬剤師まで道のりが遠い…」と感じたら、思い切って転職を検討してみてはいかがでしょうか。
この記事では、一般薬剤師から管理薬剤師へキャリア転職したい方に向けて、成功のコツをご紹介します。
管理薬剤師の仕事内容や年収、転職に有利となる資格も合わせて見ていきましょう。

管理薬剤師とは?


管理薬剤師とは、医薬品を扱う部署の現場責任者として薬局を管理する管理職です。
薬事法において、医薬品を扱う現場には必ず一人の管理薬剤師を置くことが定められています。
一般企業でも一般職と管理職があるように、薬剤師も管理薬剤師を目指す方は多いでしょう。
管理薬剤師になるには、医薬品の知識はもちろんのこと、現場でマネジメント能力も求められます。

薬剤師のキャリアアップ転職


薬剤師としてキャリアアップするには、一般薬剤師から管理薬剤師へ昇格することが挙げられます。
管理薬剤師の職場は、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、医薬品卸の企業などが一般的です。
一般薬剤師から管理薬剤師になるために特別な資格や条件はありません。
薬剤師としての経験や能力があれば、一般薬剤師から昇格・転職することができます。
調剤薬局の場合、一般薬剤師として入社後に約3年間程度で管理薬剤師に昇格するケースが多いです。
しかし、職場によっては勤続年数が長くても管理薬剤師へ昇格できず、キャリアの行き詰まりに悩む方もいます。
薬剤師として管理職に求められるスキルや素質が分かれば、キャリア転職を検討する価値があるでしょう。

職場別にみる管理薬剤師の仕事内容


ここからは、薬剤師の職場別に管理薬剤師の仕事内容を見ていきましょう。

調剤薬局に勤務する管理薬剤師


調剤薬局で働く管理薬剤師は、調剤業務や服薬指導の他、管理薬剤師は医薬品の管理も行います。
その他、薬剤師のシフト管理、スタッフ指導、経営マネジメント、取引先への対応大切な業務です。

ドラックストアに勤務する管理薬剤師


ドラッグストアは一般用医薬品(OTC医薬品)の取り扱いがあり、お客様に適切な商品を販売します。
店長を兼ねている管理薬剤師も多く、「登録販売者」や「店舗管理者」など複数の役職あります。

病院で働く管理薬剤師


病院に管理薬剤師を設置する法律上の義務はありませんが、薬剤師による医薬品の適正な管理が大切です。
薬剤師の管理職にあたる薬局長・薬剤部長が医薬品の在庫管理や品質維持業務を行います。
薬の劣化予防に温度や湿度などのチェック、他の薬剤師が適切に調剤業務や薬歴管理しているか確認します。

一般企業に勤務する管理薬剤師


一般企業に勤務する管理薬剤師は職種によって仕事内容が異なります。
「開発職」や「研究職」は医薬品などの製造、研究、製造の許可申請の作成、商品の品質管理が主な業務です。
製薬会社の医薬情報担当者(MR)医薬品の品質や効果、安全性について情報収集や提供を行います。

管理薬剤師に転職すると年収はどれだけ上がる?


管理薬剤師は一般薬剤師よりも仕事における裁量が増えて責任も大きいです。
しかし、その分しっかりと年収にも反映されるのでやりがいも感じられるでしょう。
一般薬剤師から管理薬剤師になると、どれくらい年収が上がるのか見ていきます。

▼職場別にみる管理薬剤師の年収

上記のように、一般薬剤師よりも管理薬剤師は責任者としてポジションが高く、どの職場も年収は高くなります。
調剤業務と服薬指導以外にも仕事範囲は幅広くなりますが、月収5万円以上、年収50万円以上はアップします。
一般的に薬剤師は勤続年数が長くなっても大幅な年収アップは難しい傾向にあります。
そのため、早めに管理薬剤師のポジションに就くことは大きなキャリアステップになるでしょう。

管理薬剤師になるメリット


管理薬剤師になると、マネジメント能力が身につくことが大きなメリットです。
部下の薬剤師を育成したり、人材管理に携わるためマネジメント経験を積むことができます。
経営的な立場から売上や数字にも強くなれるので将来のキャリアパスに繋がるのです。

管理薬剤師になるとデメリットはある?


管理薬剤師になるとメリットだけではなく、デメリットも存在します。
一般薬剤師よりも責任が重いので、精神的・肉体的な負担が大きくなります。
特に現場で薬剤師のシフト管理やスタッフの指導をすることは想像以上に苦労することも…。
調剤ミスや大きな問題が起こるとクレーム処理など責任を取らなければなりません。
そして、管理薬剤師は薬事法第七条により、副業が禁止されているので注意が必要です。

一般薬剤師から管理薬剤師になる方法


今の職場で一般薬剤師から昇進して管理薬剤師になるには空きのポジションを待つ必要があります。
しかし、今の管理薬剤師がやめない限りは、昇格することは難しいのが現状です。
キャリアのために早く管理薬剤師になるには転職することが近道になります。
大手の調剤薬局やドラッグストアでは管理薬剤師の研修制度が整っているので安心です。

管理薬剤師に転職する際に有利になる資格


ここからは、管理薬剤師になるために有利となる資格を見ていきましょう。
例えば、地元密着型の調剤薬局に転職する場合は、「認定薬剤師」の資格を保有していると「かかりつけ薬剤師」として活躍できるでしょう。
「認定実務実習指導薬剤師」の資格保有者は薬学部の実習生を受け入れに貢献できるので評価されます。

管理薬剤師に求められる素質・スキル


管理薬剤師は管理職としての経験があると、転職に有利に働きますが、未経験もなることができます。
ここからは、管理薬剤師に求められる素質やスキルを見ていきましょう。

▼管理薬剤師に求められるスキル

●医薬品の在庫管理
●売上、数値管理
●薬剤師のシフト管理
●マネジメント能力
●人材、教育指導 
●高度な医薬品の知識
●医療従事者とのコミュニケーション能力

管理薬剤師は登録販売者や一般従事者から取り扱いのない医薬品の質問を受けることもあります。
管理薬剤師は施設の責任者として重要な判断をすることもあり、現場での知識や経験が求められます。
管理薬剤師は他の医療従事者や医薬品卸の担当者と接する機会が多く、コミュニケーション能力は必要不可欠です。
人手不足の職場では、上手くシフト調整しながら売上の結果を出す必要があり、向上心が高い人が向いています。

管理薬剤師の仕事を見つける方法


一般薬剤師から管理薬剤師に転職するにはどうやって仕事を見ければ良いでしょうか。
いわゆるハイキャリアとなる管理職の仕事は、薬剤師の求人サイト・転職サイトには掲載されていません。
管理薬剤師を目指す方は、薬剤師に特化した転職エージェントを活用するのがベストです。
薬剤師専用の転職エージェントに登録すると、自分の条件に合った職場を紹介してもらえます。
未経験も歓迎している職場、年収アップする職場を定期的に紹介してもらえるので効率的です。
転職エージェントによって、職場の強みや対応エリアが異なるので比較してから登録しましょう。
転職エージェントを活用すれば、応募先の職場に給与交渉も代行してくれるので、年収アップが叶うでしょう。

まとめ


今一般薬剤師として活躍されている方もキャリア転職すれば管理薬剤師になれるチャンスがあります。
この機会にキャリアを見つめ直して、薬剤師転職を検討してみてはいかがでしょうか。