1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 薬剤師転職で有利になる志望動機とは?履歴書と面接での伝え方

薬剤師転職で有利になる志望動機とは?履歴書と面接での伝え方

薬剤師転職では、面接担当者は履歴書や面接において、「志望動機」を重要視しています。
他にも病院・調剤薬局など、多くの職場がある中で応募先の職場を選んだ理由が知りたいのです。
つまり、薬剤師転職を成功させるには、面接担当者の心に響く志望動機を用意することが大切です。
今回は、薬剤師転職が有利になる履歴書・面接での志望動機の伝え方を解説します。

薬剤師転職に有利な志望動機の書き方


転職を決めたときは、とにかく今の職場から離れて新しい職場で働きたい気持ちが強くなります。
人間関係に悩んだり、年収の低さに不満な場合はどの薬剤師求人を見ても魅力的に見えることでしょう。
近年は少子高齢化に伴い、薬剤師・看護師・医師など医療従事者は全国的に人手不足が続いています。
今後はさらに人手不足が深刻化すると見込まれており、薬剤師の転職市場は求職者に有利な状況です。
ただし、人手不足だからといって労働環境が良い職場が見つけやすいわけではありません。
自分が働きやすい職場を見つけて、薬剤師としてキャリアをアップできるかどうかは別問題です。
希望の条件とぴったり合う求人を見つけたら、明確な志望動機を設定することが大切なポイント。
薬剤師の転職では、履歴書にも志望動機を記載する欄があり、面接においても必ず質問されます。
まずは、書類選考の志望動機でアピールし、面接では熱意を伝えることが重要です。
いわゆる定型文ではなく、自分なりの言葉でなぜその職場を選んだのか、魅力的な志望動機を準備しておきましょう。

履歴書に書く志望動機のポイント


面接担当者は志望動機の内容から何をチェックしているのでしょうか。
薬剤師転職における志望動機は、なぜ他の病院・調剤薬局・ドラッグストアではなく、この職場を選んだのか明確な理由を知りたがっています。
例えば、「自宅から通いやすく、子育て中なので有給を取りやすいから」といった条件では熱意は伝わりません。
「他にも条件が合う職場があれば、当社ではなくても良いのでは…」と思われてしまいます。
応募先の職場では、どんな薬剤師を求めているのか研究をして、他にはない強みや魅力を交えて伝えることがポイントです。
「応募先の職場では、自分が目標とするキャリアを高める条件が揃っている」と伝えることがポイントです。

<志望動機の例文①>
「私は調剤薬局で薬剤師として仕事をしながら、将来は在宅医療の必要性を強く感じるようになりました。
御社では在宅医療も併用して活動されており、経営理念に大変共感したので応募させて頂きました。
これまでの経験を生かし、今後は認定薬剤師の資格も取得して、専門分野を高めたいと思ってます。
在宅医療を通じて患者様に心にも寄り添い、信頼されるかかりつけ薬剤師を目指して行きたいです。」

面接担当者の心に響く志望動機とは、「どうしてもこの職場で働きたい」という熱意を伝えることです。
採用した後に職場で何を活躍してくれるのかイメージできるため、採用に繋がりやすくなるのです。
面接担当者は転職者の経験やスキルを知りたいのではなく、職場で何を貢献してくれるのか判断しています。
履歴書の志望動機の欄には、資格やスキルを並べるだけでなく、「自分を採用するメリット」をアピールしましょう。
病院から調剤薬局へ転職する場合は、なぜ調剤薬局に職場を変えたいのか前向きな理由が必要です。

<志望動機の例文②>
「私はこれまで病院薬剤師として3年間勤務しました。多くの患者さんと直接関わる中で予防医学の大切さを実感し、健康維持に興味を持つようになりました。
貴社は全国的に地域密着型の調剤薬局を展開されており、健康維持の提案をしている方針に共感しております。
今後は病院薬剤師としての経験を生かして、地域に根付いた職場で仕事をしたいと思っております。
高齢の患者さまの健康相談を通じて、健康のお悩みの相談に乗ったり、不安を取り除ける存在になりたいです。」

薬剤師の面接で伝える志望動機


薬剤師の面接における志望動機は採用担当者が重要視する判断基準の一つです。
そのためには、応募先のホームページから会社の理念や求める薬剤師の理想像を研究することが大切。
自分の将来のキャリアと職場が求めている薬剤師の人物像と合わせて伝えることがコツです。
他の病院・調剤薬局・ドラッグストアではなく、応募先の職場を選んだ具体的な理由も伝えます。

<志望動機の答え方①>
「私は病院薬剤師として5年間勤務しました。多くの患者さんと触れ合う中で、在宅医療の必要性を実感しました。
調剤薬局の中から貴社を選んだ理由は、在宅医療を通して地域社会に貢献されており、研修や社員教育が充実していることに魅力を感じたからです。
貴社に入社させて頂けたら、薬剤師として予防医学のために漢方について深く学び、スキルアップしたいと考えています。」
その職場に興味を持った理由を明確に伝えて、自分が活躍できる環境が整っていることを伝えます。
面接の志望動機では、求人情報の給与や土日休みといった労働条件のマッチングを話すのはNG。
志望動機が「労働条件が合うから」という理由の場合、面接担当者は「他の職場でも良いのでは?」と思われてしまいます。
志望動機は明確なキャリアの目標を伝えて、職場で活躍できる能力があること、熱心さをアピールすることが大切です。
ネット上に記載されている定型文やテンプレートの志望動機ではなく、自分自身の言葉で表現すると熱意が伝わります。

<志望動機の答え方②>
「私は管理薬剤師として内科・皮膚科を処方する調剤薬局で3年間勤めました。
前職では調剤業務や服薬指導の指導には自信を付けることができました。
将来のスキルアップのために、経営やマーケティングについてもさらに深く学ぶことができる職場環境で活躍したいです。
御社は新規出店やM&Aにも積極的に活動されており、マネジメント研修も充実していると知りました。
将来はマネージャーなど責任のある立場に就いて、やりがいと誇りを持って仕事に取り組みます。」

面接での志望動機は「なぜその職場で仕事をしたいのか」面接官の心に響くように明確な理由を伝えます。
しっかり企業研究をして、求めている薬剤師に合致するような受け答え方をしましょう。
管理薬剤師やマネージャーといったポジションの実績や過去の業務上の貢献がある場合は、ストーリーにして伝えると効果的です。

例えば、薬局の業務改善を提案した体験談や利益アップに貢献した話は「即戦力がある」と見込まれて期待が高まります。
薬剤師は転職回数が比較的多いですが、採用担当者としては長く貢献してもらえる薬剤師を採用したいと考えています。
特に管理薬剤師やマネージャークラスへ転職したいと考えている方は志望動機は明確にすることが大切です。
薬剤師の転職市場は転職者が有利な売り手市場ですが、志望動機が曖昧な場合は、不採用になる可能性も十分にあるので注意が必要です。
面接での志望動機は、自身の経験とスキルを活かして即戦力になることをアピールしましょう。

まとめ


今回は薬剤師転職の志望動機の伝え方について見ていきました。
薬剤師転職において、履歴書と面接の志望動機は薬剤師として自身をアピールする場所です。
今まで薬剤師の仕事を通じて感じて成長したことや将来の目標を交えて、熱意をアピールしましょう。