1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 薬剤師のやりがい・魅力・社会意義とは?

薬剤師のやりがい・魅力・社会意義とは?

「薬剤師として仕事には慣れてきたけど、最近はやりがいを感じられなくて…」と悩む方は多いです。
今後のキャリアのため、今よりも労働条件が良く、やりがいを感じられる職場へ転職したい!と考える方も多いのでは?
薬剤師の仕事は職場の種類によって、やりがいや魅力も変わってくるのです。
今回は、薬剤師の仕事へのモチベーションとなるやりがいや魅力について詳しく見ていきましょう。

薬剤師のやりがい・魅力


薬剤師が転職を検討する理由の一つに、やりがいを見いだせなくなったことが挙げられます。
仕事に自信が持てるようになっても、年収や人間関係に不満がある場合は、やる気も起きません。
日々患者さんや医療従事者から感謝され、社会貢献でき、満足できる給与をもらえたら最高の職場といえます。
薬剤師のキャリアアップには、一般薬剤師から管理薬剤師を目指すことがファーストステップ。
経営にも携わる人材になると、年収も順調に上がりキャリアを高めることができるでしょう。
自分の経験や能力を発揮するには、やはり「やりがいを感じられる職場」で働くことが大切です。
ここからは、薬剤師が感じるやりがいを見ていきましょう。

患者さんの健康に携わる


薬剤師は医師からの処方せんを調剤したり、服薬指導をしながら、患者さんの健康に携わります。
薬剤師の仕事の大きなやりがいは、患者さんの近くで健康に直接役に立てることが挙げられます。
病院や調剤薬局、ドラッグストアなど、どんな職場でも患者さんが元気になるための力になれる。
薬剤師は薬を通して、患者さんの健康に直接役に立てることがモチベーション維持にもなるのです。
薬剤師になった後もカンファレンス、勉強会、委員会に参加して、最新の医療について学ぶ機会は多いです。

患者さんから感謝される


薬剤師が日々の業務でやりがいを感じるのは、患者さんから「ありがとう」と感謝される瞬間です。
薬剤師は患者さんに薬の飲み方や薬にどんな効用があるのか、副作用についても詳しく説明します。
患者さんは病気や怪我に対して不安を持っているので薬剤師と話すことで「元気になれる」と感じるのです。
患者さんは薬剤師に健康の悩みや分からないことを相談することで、とても安心して過ごすことができます。
薬剤師はいつも患者さんから「ありがとう」と言われる機会が多く、やりがいを感じられるのです。

患者さんの病気が回復する姿を間近で見られる


病院や調剤薬局で働く薬剤師は、患者さんの近くで業務するため、患者さんが元気に回復する様子を見守ることができます。
初めは不安そうであまり話をしてくれなかった患者さんも体調が回復すると笑顔を見せることも多いです。
辛そうだった患者さんが徐々に体調を取り戻し、元気になる過程を見られるのは嬉しいことです。
薬剤師を含め、医者や看護師などの医療従事者は患者さんの元気な姿を見ることが仕事のモチベーションに繋がっています。

患者さんに信頼される


門前薬局や病院で勤める薬剤師は、患者さんと長い付き合いになることも多いです。
内科に隣接している薬局では、慢性疾患の患者さんも多く、薬剤師は大きな信頼を寄せられます。
薬に関する質問や相談はもちろんのこと、薬に合わせて食事のアドバイスも行います。
普段飲んでいる常備薬の飲み合わせを確認したり、患者さんの身近で薬のサポートをするのです。
患者さんと信頼関係を築くことができると、自分を必要としてくれる人がいると実感します。

かかりつけ薬剤師になれた時


患者さんから個人的に指名されるかかりつけ薬剤師になれた時は、薬剤師としてのやりがいを感じる瞬間です。
かかりつけ薬剤師は、ちょっとした体調の変化にも気づいたり、薬の架け橋になるので貴重な存在です。
最近は、薬を渡す際に飲み方や食事のことなど、薬剤師に積極的に相談する人が増えています。
少子高齢化に伴い、高齢者が激増する中でかかりつけ薬剤師も増える傾向にあります。
かかりつけ薬剤師になると、「日頃患者さんに説明を理解してもらえる」とやりがいを感じるでしょう。

医療チームの役に立てる


薬剤師は患者さんとのコミニュケーションだけでなく、医者・看護師など医療チームとの連携が上手く行くとやりがいを感じられます。
薬剤師としてチーム医療の役に立っていると実感できると、自信を持って仕事に専念できます。
患者さんの容態に変化があった時も、医者・看護師との連絡がスムーズであれば患者さんも安心です。

職場の人間関係が良い


薬剤師の職場は60%以上は女性が占めており、比較的狭い職場で、業務を行うことが多いです。
職場によっては厳しい上司に叱られたり、挨拶もしてくれないといった陰湿な場合があります。
地方では人手不足により、一人の薬剤師に膨大な業務を任せるなど、職場環境に問題があるケースも。
自分の経験や能力を最大限に発揮するには、人間関係が良く、相談できる人がいると安心です。
長く同じ職場で活躍して昇格するには、人間関係の良い職場を見つけることも大切です。

OTC医薬品の知識が豊富になった


ドラッグストアで勤務する薬剤師は、OTC医薬品の知識が増えます。
患者さんの状況や相談をしながら医薬品を選んだり、家族や友人にも薬選びの手助けができるように。
市販の薬の選び方に詳しくなれるので、日常の身近な場面でも役に立てると実感できます。

新薬の開発に携われる


製薬会社に勤める薬剤師は、薬の最前線で働くため、新薬の開発に携われることにやりがいを感じます。
開発職は、国から新薬の開発成功や認可が下りたときは社会貢献度を実感する瞬間です。
また、MRの場合は自社の製品を通して、医者や看護師など医療従事者との信頼関係を築くことができます。
医師が自社の新しい薬を使うと決めてくれたり、ドラッグストアで自社のOTC薬を見つけると嬉しくなるのです。

薬剤師の魅力・社会意義とは?


薬剤師は女性が生涯手に職を持って働くことができる魅力的な仕事と言えます。
女性は結婚・出産・子育てなど、人生のライフプランに合わせて、退職してブランクが空きます。
国家資格である薬剤師は、結婚・出産を機に引越しをしても、全国どこでも仕事を見つけることが可能です。
調剤薬局や院内薬局は年齢に関わらず多くの薬剤師が活躍しており、働き方も正社員、パートなど選ぶことができます。
女性が多い職場だからこそ、家事や子育て、介護と両立しやすい職場環境が整っているのが魅力。
患者さんの不安・不満を解消し、地域の健康を守っているという社会意義も見出せるのです。
他の仕事と比較すると、女性の薬剤師は環境変化に合わせて、生涯が働きやすいのがメリット。
薬剤師の実務経験があれば、自分の希望する条件にあった職場へ転職や再就職することもできます。
薬剤師は国家資格の専門職のため、社会的な信頼度も高く、多くの人に評価される魅力があります。
 

薬剤師がやりがいを感じられない時の対処法


薬剤師になったばかりの頃は必死でも、落ち着いてくるとやりがいを感じられなくなることも…。
そんな時は、すぐに辞めてしまう前に以下の対処法を試してみてください。

初心にかえる


薬剤師は目まぐるしい業務に追われると、何のために仕事をしているのか目標を見失いがちです。
薬剤師になりたいと思った頃を思い出し、全ては患者さんのためだと思うとやる気を取り戻せます。

信頼できる先輩や同僚に相談する


職場で行き詰まったときは、一人でストレスを溜め込まずに信頼できる仲間に相談しましょう。
同じ職場のスタッフでなくても、薬学部時代の友人と意見交換することで新しい発見があり、やりがいを見いだせるかもしれません。

民間の資格を取得する


薬剤師に関連する資格は各団体から認定薬剤師や専門薬剤師などの資格があります。
専門性を高めキャリアアップするためにも資格を取得することも大きなやりがいに繫がります。

まとめ


今回は、薬剤師のやりがいや魅力、社会意義についてご紹介しました。
勤続年数が長くなると目標やモチベーションが下がってしまうことは珍しくありません。
ご自身のキャリアのためにも、一度この機会にやりがいを再確認してみてはいかがでしょうか。