1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 薬剤師の就職先・活躍の場の種類は?職場で変わる仕事内容

薬剤師の就職先・活躍の場の種類は?職場で変わる仕事内容

薬剤師として活躍できる職場といえば、病院・調剤薬局・ドラッグストアなどが思い浮かぶでしょう。
しかし、薬剤師の活躍の場は年々増えており、一般企業の研究や開発職、公務員薬剤師として働いている方もいます。
薬剤師の職場によって仕事内容も異なるため、年収の満足度、やりがいの感じ方も変わってくるでしょう。
そこで今回は、薬剤師の職場の種類を仕事内容と共に解説していきます。
今後、薬剤師転職を考えている方、他の薬剤師の仕事内容が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

薬剤師の就職先・活躍の場の種類は?


一口に「薬剤師」と言っても、勤務先・職場によって仕事内容が変わってきます。
薬剤師として長くキャリアを積んでいくためには、自分はどんな職場が合っているのか考えることが大切です。
ここからは、薬剤師の職場の種類と仕事内容を見ていきましょう。

病院で働く薬剤師


薬剤師の代表的な職場といえば、病院が挙げられます。
病院で働く「病院薬剤師」は、薬学部を出たばかりの新米薬剤師に人気があります。
病院には医者や看護師など、医療従事者が多く働いていて、薬剤師も医療チームの一員として活躍しています。 
病院薬剤師の主な仕事は、入院中の患者さんに服薬指導やアドバイスをすることです。
病院ではチーム医療に携わるため、高度な知識とプロ意識、コミニュケーション能力が求められます。
先進医療を扱う病院で働いている薬剤師、専門的な知識や最新の医療を学べるのがメリットです。
入院患者さんと近い位置にいるので、頼られることも多く、やりがいを感じられる職場です。

ただし、病院で働く薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアと比べると、一般的に年収は低めです。
病院薬剤師は、年収の高さよりもキャリアややりがいにこだわりたい方に適しています。
病院薬剤師のキャリアパスは薬局長、薬剤部長になることが一般的です。

病院薬剤師の仕事内容


病院薬剤師の仕事内容は、外来患者・入院患者に処方せん調剤業務、服薬指導やアドバイスをすることです。
副作用の症状が見られたり、薬が合わない場合は医師・看護師に相談して、適切な判断を求めます。
その他にも、注射薬、点滴の調整・管理、薬品の調剤・薬品管理業務を任されます。
最近の病院の傾向としては、病院の中にある病棟で働く「病棟薬剤師」が増えています。
患者さんの近くで、調剤をしたり、薬を正しく飲んでいるか確認することが仕事です。
医師と一緒に患者さんに合わせた薬物療法を提案するTDM(薬物治療モニタリング)と呼ばれる薬物治療に関わる仕事もあります。

調剤薬局で働く薬剤師


調剤薬局は薬剤師の代表的な職場の一つです。
多くの調剤薬局は病院の近くにあり、病院の患者さんが処方せん薬を受け取る場所です。
調剤薬局で働く薬剤師は、処方せんを元に調剤をして患者さんにお薬を渡し、服薬指導・アドバイスをします。
調剤薬局は忙しい時間帯や風邪が流行るシーズンはは目まぐるしく忙しくなります。
そんな忙しい時でも処方せんの指示通りに調剤業務をこなし、適切に服薬指導を実施します。
調剤薬局で働く薬剤師は、黙々と丁寧に仕事をこなしながら、処理スピードも求められます。
勤務先の調剤薬局によって、対応する処方せんの種類は異なります。

例えば、大学病院や医療モールの近くにある調剤薬局は複数の診療科目に対応し、幅広い知識が求められます。
調剤薬局で働く薬剤師は、地域医療への貢献度が高く、やりがいを感じられるでしょう。
責任感が強く、患者さんとのコミュニケーションスキルがある薬剤師が適しています。
調剤薬局の年収は、地域や場所、勤続年数によって年収が変わりますが、平均450~600万円程度です。
調剤薬局のキャリアパスは管理薬剤師を目指して昇格することが一般的です。

調剤薬局の仕事内容


調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容は、調剤業務、服薬指導の他にもあります。
処方状況や患者さんの情報を管理する薬歴管理、処方せんの期限や保険番号の確認も重要です。
副作用・薬の効き目・安全性を確認し、重複投与や相互作用のリスクを確かめます。
薬の飲み合わせに問題がある場合は、処方医師への問い合わせと確認をする疑義照会を行います。
大病院の門前薬局以外は、比較的狭い職場のため、チーム連携できるコミニュケーション能力が求められます。

ドラッグストアで働く薬剤師


ドラッグストアには一般用医薬品(OTC)のみを販売する店舗と調剤薬局併設型の店舗があります。
最近は、調剤薬局併設型の調剤薬局が増えており、薬剤師の活躍の場が増えています。
ドラッグストア勤務の薬剤師は、来店したお客様の接客や品出し、レジ打ちといった幅広い仕事を担当します。
患者の症状や体質などを聞いた上で適切な商品を選び、セルフメディケーションをサポート。
医療機関に頼らずに、軽度な身体の不調は自分でケアするセルフメディケーションという考え方に沿って提案をします。
ドラッグストアの薬剤師は病院や調剤薬局よりも年収が高めに設定されています。
ただし、店舗によっては営業職時間が22時頃までと長く、力仕事も多いので体調管理が求められます。
ドラッグストアのキャリアパスとしては、店長やマネージャー、本社勤務などの役職・ポジションを上げることが一般的です。

ドラッグストアの仕事内容


ドラッグストアで働く薬剤師は、来店されたお客様とのコミニュケーションが多くなります。
処方せんのないOTC(一般用医薬品)の知識を深めて、最適な商品を選び、適正使用のアドバイスを行います。
ドラッグストアでは医薬品の他、サプリメントや化粧品、生活雑貨などの取り扱い商品の管理責任も発生します。
薬剤師は、服薬指導の他にも、レジ打ちや商品の発注(在庫管理)、品出し、POP作成なども大切な仕事です。
店長・マネージャーは、人員の確保・管理業務、売上やコストの管理、仕入れの発注など店舗の経営を任されます。
ドラッグストア勤務の薬剤師は、健康全般の知識が深く、コミュニケーションスキルが高い人が向いています。

診療所で働く薬剤師


病院内にある診療所で働く薬剤師は、院内処方に携わるお仕事です。
診療所内で薬を受け取る「院内処方」は調剤薬局での仕事内容と変わりませんが、診療所内の処方のみを扱います。
診療所で働く薬剤師の年収は400万円前後と低めてですが、混雑せずに落ち着いた職場が多いです。

診療所の仕事内容


診療所で働く薬剤師の仕事内容は、医師の処方せんにもとづく調剤業務と服薬指導をすることです。
診療所の医師の専門分野によって処方薬品は決まるため、取り扱う薬品数は病院よりも少ないです。
患者数も限られるため混雑することがほとんどなくマイペースに仕事したい方に向いています。

製薬会社で働く薬剤師


薬剤師は製薬会社の社員となって働く選択肢もあります。
製薬会社には様々な職種があり、薬剤師免許を持つ人の仕事内容は幅広いです。
代表的な職種は、以下の通りです。

●医薬情報担当者(MR)
●開発・研究職
●管理薬剤師
●学術(DI=Drug Information)
●市販後調査
●治験関連職

製薬会社の職種は薬学の専門知識があれば必ずしも薬剤師の資格が必要な訳ではなく、英語力が必要な場合が多いです。
外資系製薬会社の場合は、会社の売上に直結する歩合制を取っており、薬剤師の職場の中でも高給。
製薬会社の平均年収は500~800万円、MRの場合は30代でも年収1,000万円超えは珍しくありません。
一般的に給料・待遇が上がりやすく、土日休み、福利厚生も手厚く人気があり、転職難易度は高めです。

製薬会社の仕事内容


製薬会社で働く薬剤師は、薬学の知識を活かして幅広い仕事を任されます。
「学術・DI(医薬品情報管理業務)」の仕事は、医師から自社品に関する問い合わせへの対応、FAQの作成、マーケティング・開発の戦略立案時の情報提供など。
「研究職」は治療のメカニズム、創薬、新薬の臨床開発など、様々な研究業務を行います。
MR(医療情報担当者)は医療機関や薬局を訪問して、自社製品の医薬品の情報提供・医師へ説明する仕事です。
治験・臨床開発を依頼された企業で働く薬剤師もいます。
「臨床開発モニター(CRA)」は治験の一連の業務、CRF(症例報告書)のチェック・回収、終了手続きを担当します。
「治験コーディネーター(CRC)」は患者さんの症例登録、その後のフォローとCRF作成のサポートが業務です。

化粧品・食品メーカーで働く薬剤師


最近は、医師や薬剤師と共同開発する化粧品が増えており、化粧品メーカーでも薬剤師が活躍しています。
薬事法にも精通している薬剤師は成分の研究や品質管理、薬事法申請に係る業務を任されます。
食品メーカーで働く薬剤師は、健康食品の開発チームに所属して、商品の開発に携わります。
サプリメントの薬効の詳細なデータを明示したり、安全性について分析、調査、品質管理を行います。
化粧品メーカーや食品メーカーで働く薬剤師の年収は400~700万円くらいです。

化粧品・食品メーカーの仕事内容


化粧品・食品メーカーで働く薬剤師の仕事内容は研究機関にて、新しい商品を研究するのが主な仕事です。
研究機関の研究職は博士号を取得していることが条件となり、採用人数が少ないため、転職難易度は高いです。

公務員薬剤師


公務員の薬剤師は公立病院の薬剤師として働いたり、保健所勤務があります。
その他にも、自衛隊の中で働く薬剤官、麻薬取締官という働き方もあります。

公務員薬剤師の仕事内容


地方公務員の薬剤師は、公立病院の薬剤師に配属されることがあります。
仕事内容は病院薬剤師と変わりませんが、公務員のため、給料や待遇は一般薬剤師よりも高待遇です。
保健所で働く薬剤師の仕事は、薬局、飲食店などの衛生指導、立ち入り検査、水道の衛生検査など。
自衛隊の中で働く「薬剤官」は自衛隊病院にて薬品の管理や調剤、災害医療、医療費の管理の仕事をします。
麻薬取締官の仕事は、厚生労働省の職員として、不正麻薬の取り締まり、刑務所にて受刑者の健康管理が挙げられます。
公務員薬剤師の年収は600万円程度ですが、勤続年数が長くなると順調に上がっていきます。

まとめ


今回は、薬剤師の職場の種類と仕事内容をご紹介しました。
薬剤師は、勤務先の職場によって仕事内容が変わりますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。