1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 【職場別】薬剤師の仕事内容を徹底解説!病院・薬局・ドラッグストアの違いは?

【職場別】薬剤師の仕事内容を徹底解説!病院・薬局・ドラッグストアの違いは?

薬剤師の仕事といえば、調剤業務を黙々と続けているイメージがあるかもしれません。
しかし、実際の薬剤師の仕事内容は、病院・調剤薬局・ドラッグストアなど、職場によって異なります。
一般企業に勤める薬剤師は研究や開発に携わり、公務員として活躍する薬剤師もいます。
そこで今回は、職場別に薬剤師は様々な仕事内容を徹底解説していきましょう。

【職場別】薬剤師の仕事内容


国家資格である「薬剤師」は、医薬品の専門家として病院・調剤薬局・ドラッグストア、製薬会社などの一般企業で活躍しています。
薬剤師の資格を一度取得すれば、年齢や場所に関わらず、日本全国で薬剤師の仕事に就くことができます。
薬剤師になるには、6年制の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
日本は深刻な少子高齢社会にあり、医療機関従事者の人手不足が叫ばれています。
薬剤師の求人は通年募集されており、薬剤師は今後も仕事探しに悩むことはありません。
他の業界・業種と比較しても、薬剤師は転職回数が多くても仕事を見つけやすい点がメリットです。
ここからは、職場別に薬剤師はどんな仕事を任せれているのか詳しく見ていきましょう。

病院(医療機関)で働く薬剤師の仕事内容


病院で働く薬剤師の主な仕事内容は、処方せんに基づく調剤業務、患者さんに服薬指導をすることが挙げられます。
調剤業務とは、医師からの処方せんをもとに薬を調剤することです。
服薬指導とは、薬の服用について患者さんに飲み方を分かりやすく説明し、指導することです。
病院によっては、外来の患者さんだけでなく、入院患者にも服薬指導を行います。
病院で働く薬剤師のやりがいは、医師・看護師と連携してチーム医療に貢献できること。
病院内薬局では、注射薬や輸液の取り扱い、治験、TDM(薬物治療モニタリング)という薬物治療にも携わります。
調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師よりも専門性の高い仕事になり、知識を高めることができます。

病院で働く薬剤師の仕事は当直があるため、生活が不規則になるため、負担は大きくなります。
給与面も調剤薬局・ドラッグストアよりも低めに設定されており、平均年収は約400~500万円です。
病院薬剤師は、医療現場で働くことにやりがいを見出したい方に適しています。

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容


調剤薬局で働く薬剤師の主な仕事内容は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理などが挙げられます。
多くの調剤薬局は、病院の立地条件に合わせて開局しており、病院によって扱う薬の種類が変わるのが特徴です。
調剤業務は、病院で発行された処方せんを元に調剤し、服薬指導は患者さんに薬の飲み方を説明・指導します。
大学病院の門前薬局の場合は、幅広い診療科の薬を扱います。
薬歴管理とは患者さんの情報や処方状況をデータ管理する業務です。
重複投与や相互作用がないか確認したり、処方せんの期限、保険番号を確認することも大切です。
調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は地域や勤続年数によって異なりますが、450~600万円が目安です。
調剤薬局は職場によって、薬剤師の仕事の忙しさや労働条件が異なります。

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容


近年は、ドラッグストアの数が増えており、調剤薬局併設のドラッグストアも出店が多くなっています。
ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容は、病院・調剤薬局とは異なり、接客やレジ打ち、品出しなどがあります。
一般用医薬品(OTC医薬品)の服薬指導をする他、サプリメント、健康食品の商品知識が必要です。
商品の発注、品出し、レジ打ちもあり、仕事の幅が広くなります。
ドラッグストアで働く薬剤師は、来店したお客様に接客をする機会が多くなるため、コミュニケーション能力が求められます。
ドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収は500〜650万円と高く、店長は700万円も目指せます。
調剤業務だけでなく、店舗運営や売上管理などに携わりたい方に適しています。

診療所で働く薬剤師の仕事内容


患者さんが処方せんを受けるには、病院の外にある調剤薬局で薬をもらう他、病院内にある診療所で薬を受け取る方法があります。
診療所で働く薬剤師の仕事内容は、主に調剤業務と服薬指導となります。
ただし、診療所内にある処方のみを扱うため、薬剤師1人で任されるケースも多いです。
近年は、病院と薬局を分ける医薬分業が進んでいるため、診療所で働く薬剤師は減っています。
診療所で働く薬剤師の年収年収は400万円〜550万円となっており、調剤薬局と同じくらいです。

在宅医療で働く薬剤師の仕事内容


在宅医療とは、医療機関に通うのが困難な高齢者や患者さんの自宅にに医師・看護師・薬剤師がが訪問してサポートすることです。
薬剤師の主な仕事内容は、チーム医療の一員として服薬指導や薬剤の管理が挙げられます。
高齢者・患者さんと直接コミュニケーションを取る機会が多く、人と話すことが好きな方に向いています。
最近は、多くの調剤薬局が在宅医療を提供しているケースがあり、薬剤師の活躍の場が広がっています。
在宅医療で働く薬剤師の平均年収は400万円〜550万円程度です。

学校で働く薬剤師の仕事内容


学校保険法において、全国の幼稚園、小学校、中学校、高等学校(大学は除く)に1名の学校薬剤師を置くことを義務付けています。
学校薬剤師は非常勤職員として雇用され、勤務回数は年に数回、学校保健委員会の一員となります。
1校に1名の薬剤師のため、募集は少なく、ほとんどの場合は調剤薬局と兼業されている方が多いです。
仕事内容は、学校校舎の衛生環境を任され、教室の空気検査、水道水の検査、プールの水質検査を行います。
衛生管理、給食施設の管理なども定期的に行い、学校に指導することが仕事です。
学校薬剤師の報酬は自治体によって異なり、平均年収5~30万円程度です。

一般企業で働く薬剤師の仕事内容


薬剤師は、製薬会社や食品メーカーなど、一般企業の社員としても活躍しています。
最近は、医師や薬剤師と共同開発する化粧品も増えており化粧品メーカーでも活躍しています。
薬事法に精通している薬剤師が成分の研究、品質管理、薬事法申請に携わっているのです。

例えば、製薬企業の研究職は治療のメカニズム、創薬、新薬の臨床開発などの多くの研究を行っています。
開発職は、新薬の安全性、有効性の確認、臨床試験などを行う専門性が高い仕事内容です。
MR(医療情報担当者)は自社製品の安全性や有効性を医師に説明する仕事です。
その他にも、DI(医薬品情報管理業務)は治験や臨床試験データを収集、整理、管理して、医師に適切な情報提供をする仕事を担当しています。
製薬会社で働く薬剤師は専門性が高く、外資系製薬会社の場合は600~800万円と高めの設定です。
大手企業のMRは30代でも年収1,000万円を超えることもあり、他業界からも人気の高い仕事です。

公務員で働く薬剤師の仕事内容


薬剤師は国、県庁、保健所などで公務員薬剤師として働いています。
地方公務員の仕事内容は、薬局や医薬品製造業者への立ち入り検査・指導、食品衛生関係業務、衛生研究所での研究、試験検査などが挙げられます。
県立病院等の医療機関での調剤、服薬業務、消費生活支援センターでの苦情処理、相談なども対応しています。
厚生労働省の職員である麻薬取締官は不正麻薬の取り締まり、薬物の不正使用の捜査が主な仕事です。
保健所で働く薬剤師の仕事は、医薬品の製造施設、薬局に対して、品質・安全性確保のために許可や監視指導です。
公務員薬剤師の平均年収は400万円と低めですが、勤続年数が上がると比例して増えていきます。

まとめ


今回は、職場別に薬剤師の仕事内容をご紹介しました。
薬剤師の活躍の場が広がるにつれて、仕事内容も幅広くなっています。
ぜひ、今後の転職やキャリアプランの参考にして頂けたら幸いです。