1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 大澤光司先生 のSTYLE

大澤光司先生 のSTYLE

1: 薬剤師を目指した理由

 高校3年生の4月頃に、親から薬学部受験を勧められたため。

2: 大学時代は将来どういう仕事をしようとしていたか?

 実家(化粧品店とブティック)に薬の販売を追加して、OTCの販売を行う業態に変更し、経営する事を考えていた。

3: 仕事をする上でのポリシー。大切にしていること。

 超少子・高齢化する日本(地域)を支える企業となる事を目指している。

 経営理念

「私達は的確な医療・介護・福祉サービスを通して、お客様の健康で質の高い生活をサポートし、明るく豊かな地域社会を創造することにより、会社の発展と社員の幸福を実現します。」


4: 自分のキャリアの中で一番影響を受けている上司、先輩。例えば、一番最初の先輩。

 最初に勤務した「紫山堂薬局」の薬局長。特にOTC販売に関する指導を頂いた。

5:将来何をしたいか? 今の仕事を全うするでも良いですし、何か新しい事を考えていればどんなことか?

 メディカルグリーンを今まで以上に地域に根差した企業とする。「潰れない企業」ではなく「潰してはいけない企業」を目指す!


6:20代の薬剤師に向けて、メッセージをください。薬局、病院薬剤師に対して。

 これからの時代は地域連携、多職種連携による「地域共生社会」になっていきます。まずは、薬剤師同士の連携が重要ですので、病院薬剤師、薬局薬剤師の連携がスムーズに進むように、顔を合わせる機会には積極的に参加しましょう。また、多職種連携も重要ですので、薬剤師だけ集まる研修会だけでなく、多職種と交流できる機会(研修会・懇親会等)にも積極的に参加しましょう。また、薬局薬剤師は、在宅医療にも積極的に取り組んで行きましょう。

7:薬剤師が薬のこと以外で学ぶと良いこと。

 コーチングなど、コミュニケーションに関する勉強に取り組みましょう。「多職種連携」や「かかりつけ薬剤師」に非常に役立つ知識です。

8:座右の銘

 「頼まれ事は、試され事」

 周りの方(特に先輩、上司)から物事(仕事等)を頼まれたら、0.2秒で「ハイ!」と引き受けましょう。そして、相手の予想を上回る成果を残せる様に、全力で取り組みましょう。

9:尊敬している人、好きな人。例)両親、織田信長、イチロー、ポールマッカートニー

 両親、太田秀樹(医師・在宅医療)
 ザ・ビートルズ、サザンオールスターズ

10:薬剤師で、あの人すごいなとか、尊敬している、恩人がいれば、お教えください。

 漆畑稔、川添哲嗣、萩田均司、金井秀樹、宇田和夫


【略歴】

大澤光司(おおさわ こうじ) 昭和36年1月31日生まれ
(株)メディカルグリーン 代表取締役 社長
薬剤師、介護支援専門員、生涯学習開発財団認定コーチ

昭和58年  東京薬科大学薬学部薬学科卒業
昭和58年 (株)紫山堂(シザンドウ)薬局勤務
昭和61年 (株)大沢調剤薬局開局
平成12年 (社)栃木県薬剤師会 理事
平成16年 (社)栃木県薬剤師会 常務理事
平成16年 (株)メディカルグリーン(社名変更)代表取締役就任
平成21年  日本薬科大学 非常勤講師
平成22年 (社)栃木県薬剤師会 副会長
~平成30年 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 会長
平成26年~平成30年(一社)栃木県薬剤師会 会長

現職

蔵の街コミュニティケア研究会 代表世話人 
日本在宅ホスピス協会 世話人、在宅ケアネットワーク栃木 世話人他

著書・著作歴

「ファーマシューティカルコーチング」(じほう)
「高齢者とお薬」(環境新聞社)他

所属学会

○日本医療薬学会○ファーマシューティカルコミュニケーション学会 ○日本緩和医療薬学会

受賞歴

〇平成25年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰
 内閣府特命担当大臣奨励賞
〇栃木県経済同友会 平成28年度優秀起業家賞