1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 井手口直子先生 のSTYLE

井手口直子先生 のSTYLE


1: 薬剤師を目指した理由

医療に従事したいと思っていました。薬剤師は科学と人、薬と人に接する仕事なので魅力的だと考えました。

2: 大学時代は将来どういう仕事をしようとしていたか?

迷いに迷った大学時代でした。最初は薬剤師免許を使わない仕事をあえて探していました。
消費者と企業をつなぐ仕事とか・・・しかし、実習へ行って考えが変わりました。やるなら薬剤師としてプロになろうと思いました。


3: 仕事をする上でのポリシー。大切にしていること。

大学なので人を育てるということでしょうか。学生の潜在的な能力を引き出し、尖らせる経験をさせたりアドバイスすることですね。学生の潜在能力は無限です。教員が発する一言の影響は大きいです。学生の能力を信じることは大切


4: 自分のキャリアの中で一番影響を受けている上司、先輩。例えば、一番最初の先輩。

 最初の職場での上司数名です。教えてもらうのではなく、自分で考えろという教え、
「やってみなはれ」という教えです。背中を押してくれました。

5:将来何をしたいか? 今の仕事を全うするでも良いですし、何か新しい事を考えていればどんなことか?

 とにかく、小規模薬局のイノベーションです。薬局での保険外収入をどう確保しながら、薬剤師の価値を高め、日本の薬局を強くしたい。


6:20代の薬剤師に向けて、メッセージをください。薬局、病院薬剤師に対して。

 偉そうなことは言えませんが、自分がやりたい、信じた道を進むことですね。
そして助けてくれる人を大切に。人から受けた恩は忘れないことです。


7:薬剤師が薬のこと以外で学ぶと良いこと。例)統計とか。

英語です。研究するなら統計も。研究しなくても論文は読めるように。


8:座右の銘

いつも心に愛を。人は心に「愛」と「恐れ」しかないといいます。愛以外は全て「恐れ」からくる感情です。だから愛は大切。

9:尊敬している人、好きな人。

いっぱいいて決められません

高崎のだるまを世界に向けて発信普及している若い女性がTVで取り上げられてました。彼女はその情熱で、英語も中国語もマスターしてどんどん行ってて。
中国でも彼女のフォロワーがいて、そういう人がいて世界は平和になるって思い感動しました。

例)両親、織田信長、イチロー、ポールマッカートニー


10:薬剤師で、あの人すごいなとか、尊敬している、恩人がいれば、お教えください。

恩人は沢山。尊敬している人もたくさん
最近は若い人を引っ張り出したいですね、いっぱいスポット浴びて輝いてほしい


【プロフィール】

帝京平成大学薬学部 教授 博士(薬学)
株)新医療総研 顧問

帝京大学薬学部薬学科卒業
株式会社新医療総合研究所代表取締役
日本大学薬学部専任講師を経て2010年より現職
名古屋大学大学院教育発達科学研究科後期課程在籍中

日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会常任理事
日本地域薬局薬学会理事 
日本緩和医療薬学会評議員 等
【編・著書】
「薬剤師のためのコミュニケーションスキルアップ」講談社 2010
「薬学生、薬剤師育成のための模擬患者(SP)研修の方法と実践」じほう 2009
「よくわかるPOS薬歴の基本と書き方」 秀和システム 2009
「薬剤師になるには」 ぺりかん社 2008 
「実践・ファーマシューティカルコミュニケーション」日経BP 2008
「薬局のしくみ」日本実業出版 2006 等
【翻訳(共訳)】 
「薬剤師のカウンセリングガイド」㈱じほう 2002
「ストレスマネジメントと職場カウンセリング」川島書店 2002 他)